オトナ世代のパーソナル出張撮影

家族写真の文化比較〜アメリカ編〜

こんにちは、STYLE PHOTOSの奥竹です。

ただいま「冬の出張ファミリーフォトキャンペーン」を実施中です。それにちなみ、家族写真の文化を比較するシリーズ2回目です。(前回のブログはこちら

今回はアメリカにご家族で移住し、サンディエゴでの暮らしを楽しんでいる旧友にインタビューしてみました。「アメリカでは年末、ファミリーフォトの予約が殺到するんだよ〜」実は、彼女のこの一言がキャンペーン企画の素です。さてそこにはどのような文化的背景があるのでしょうか?

家族写真つきのHoliday Cardを送る楽しみ

お友達のNさん一家がアメリカに移られて約10年、住んでいるうちに次第に年末の恒例行事となったのが「ファミリーフォト撮影」だと言います。その大きな目的は、クリスマスまでに届くよう送り合うHoliday cardです。

ちなみにNさんが最近一番印象的だったHoliday cardは、” Officially empty nest” と書かれたご夫婦写真だったそうです。これはつまり「子どもが巣立って、ついに二人きりの生活になったわ」という状況です。ユーモアセンスがあっていいですね!そんな風にどんなライフイベントも楽しんでしまう精神が、とてもアメリカらしいと感じます。

Nさんが見せてくれた沢山のHoliday card

10月〜11月がファミリーフォト撮影のピーク

Holiday card用の写真は旅行中のものなど様々ですが、10月〜11月にカメラマンを予約して撮影する家族がとても多いとのこと。

毎年テーマを決めて楽しむ家族イベント

「みんなが撮るから、うちも写真撮らなきゃって感じにならない?」とNさんに聞いてみましたが、答えはNO!アメリカに住み始めて、Holiday Cardのための毎年の撮影が楽しみになったと言います。

さすが、エンターテイメントの国です!

Nさんのご自宅では、気に入った写真は大きく引き伸ばしてフレームに入れたり、おしゃれなキャンバス地にしてリビングに飾ったりしているそうです。リビングに家族写真があると、お客さんが来た時に話が弾みますね。

Nさんのご自宅には、大きくパネルにした写真、カレンダーなど家族写真が印象的に飾られています。

家族の結びつきと「家族写真」

日本では「家族写真」は記念として残す意味合いが強く、台紙にして本棚にしまったままであったり、ポストカードで送り合うことに抵抗のある人も多いと思います。そのカルチャーギャップについても尋ねてみました。

最後に、Nさんにとって良い「家族写真」とは?

インタビューにご強力くださったNさんファミリー、ありがとうございました!!これからも仲良し家族の写真を楽しみにしています。

アメリカンライフにすっかり馴染んだNさん
かわいいスクールフォト、愛情を感じます。
Share this: